2011年11月07日

【足立社長列伝】 第6回 有限会社ライフスタイル 渡義浩社長 <前編>

足立社長列伝.JPG
► アーカイブ

  
  
▼ 1年中夏のビーチが保木間にあると聞いて

陸の孤島と呼ばれて久しい足立区に
通称"ホキマビーチ(足立区の地名である保木間に由来)なる、
夏をテーマにしたショップがあると聞いて早速伺った。

ホキマビーチことMade In Summerは国道4号線からもほど近い都道256号線沿い。

車を走らせれば5分で埼玉県、
近隣には大型のディスカウントスーパーが点在する郊外チックな土地である。


gaikan1.JPG

gaikan2.JPG
殺風景な足立区においてひときわ目立つショップの外観。


オーナーである渡義浩社長は広島県出身で大学入学を期に上京。
Made In Summerは夏をテーマにした雑貨、アパレルを扱う地元の名物店。
足立区の保木間地区がメディアに取り上げられる際はかなりの確率で紹介されている。


pre1.JPG
足立区のジョージ・クルーニーこと渡義浩社長。海とサーフィンをこよなく愛する。


shop1.JPG
取材時はハロウィン仕様だった店内。


店内を見渡すと至る所に夏を思わせるアメリカンなグッズやウェアが所狭しと並んでいる。

店舗の奥には事務所を構え、
そこでステッカー、Tシャツ、缶バッジ、ポスターなどの製造も行っている。

そして、コカコーラ社とライセンス契約を結び、
オリジナルグッズの製造・企画・販売を全国の問屋、ショップに対して行っている。
いわば、町工場兼メーカー兼小売店と言えよう。


shop2.JPG

shop3.JPG
「夏」「アメリカ」を感じさせるショップ全体のテイスト。


「独立前はNFLとかMLBとかのグッズを並行輸入してた東保木間の商社に勤めてました。
 ちょうど日本でも90年代前半、アメリカの4大スポーツ
(=NFL「アメリカンフットボール」・MLB「野球」・NBA「バスケットボール」・NHL「アイスホッケー」)
 が流行った時期で。まあ、半年くらい働いて自分でやった方が早いなと思って、
 3年半くらいで独立したんです。28で独立して今年で15年目なんですよ」。

聞けば、渡社長は会社員だった90年代前半には古着のバイヤーをやっていたという。
90年代前半と言えば足立区にもプチ古着ブームの波が押し寄せ、
西新井や花畑などにも数店の古着屋が存在し、当時高校生だった筆者はよく愛用していたものだった。

4大スポーツブームが過ぎて会社として何をやろうか迷っていたら、
 どうやら世間では雑貨や古着がいいらしいと。そして始めた古着屋が当たっちゃって。

 アメリカには古着の倉庫があるんですよ。要は古着ってそもそもの定義が廃品回収ですよね。
 あそこの一家がなくなられた、じゃあいらない物をただで引き取りますよといって集めてくる。
 そんな古着がたまたま日本でブームになって。エアジョーダンエアマックスの時代ですよね。

 倉庫では布団袋のでっかいようなやつに古着がたくさん入ってて。
 中身見て『これはいる、これいらない』って朝から晩まで仕分けして泥だらけになって。

 けっこう危ないところも行ってましたよ。ロスの危ないところに行けば他のバイヤーが来ない。
 サウスセントラルとかヤバかったですね。黒人6人くらいに囲まれたこともありますし(笑)」。

社会現象にもなったナイキのエアマックス。
同じナイキのエアジョーダンもスラムダンクのブームとリンクして、爆発的なヒットとなった。

当時は消費者としてそれらのブームに乗っていた自分が、
ブームを仕掛ける側の人間(しかも同じ足立区在住!)に
十数年の時を経て話が聞けるとは思いもよらなかった。


shop4.JPG
ハワイアンなグッズも展開中。

cola_jihanki.JPG
懐かしい手で取り出すタイプの自販機。取引先から安く譲ってもらったというレアな1台。


▼ アメリカに熱狂した90年代という時代

ここ数年、リバイバルとも言えるブームを引き起こしている
アメリカのキャップブランドNEWERA
日本における第一次ブームは90年代前半である。

「その頃はメジャーリーグ人気で、ちょうど野茂がドジャースにいた頃ですね。
 野茂が契約した年なんて『NEWERAのドジャースの帽子入りましたよ』って言うと
 あっという間に1000個くらいの受注があって。NEWERAはなかなか手に入らなかったんですよね。

 会社でも取り合いでしたから。どんなに注文しても間に合わない。
 ワールドスポ−ツプラザでも数が足りなくて、
 自分らみたいな平行輸入の商社から買ったりしてましたし。
 当時のNEWERAのキャップを高3の娘にあげるとすごい喜ぶんですよ」。

ブームまっただ中にいた渡社長の話は続く。

「当時はリーバイスの501レギュラー だって10ドル以下だったけど、
 今は安くて30ドル前後。90年代前半の古着ブームはナイキリーバイスが牽引してましたからね。
 赤耳とかビッグEとか。ロス行くってまわりに言うと
『エアマックス買ってきてくれ』とか言われたり、

 レッドウイングだって向こうで買うと100ドルくらいだからカートで持って帰ってきたり。
 まあ、僕はレッドウイングじゃなくてダナー派ですけど(笑)。
 実を言っちゃうとナイキも履かなくてアディダス派なんですよ。
 今日はたまたまニューバランスですけど」。


nb1.JPG
たまたまニューバランスだった渡社長の足元。ごちそうになった瓶のコーラは格別の味。

shop5.JPG
ミニサイズのスケートボードから、ちょっと不気味なカエルのぬいぐるみまで。

t4.JPG
ズラリと並んだ足立TシャツはMade In Summerの一押し商品。夏、アメリカ、足立区という黄金のトライアングル。

chimei1.JPG
足立区の全地名をコンプリートした最強ステッカー

chimei2.JPG
走り屋御用達(ウソ)の道路標識を模したステッカーも。

chimei3.JPG
足立区と隣接する草加と八潮のステッカーも作成。渡社長の隣人愛の成せる技。


90年代前半と言えば、古着にデニムにスニーカーに、
アメリカンなファッションが大いに受け入れられた時代であった。

そしてもう一つ忘れてはならないアメリカからやって来たブームがフィギュアブームである。

「僕は96年の11月に独立したんだだけど、
 独立して最初の仕事が働いてた輸入商社を引き継いだ卸の仕事なんです。
 アメリカまで買い付けに行って問屋や小売店に卸す。
 
 ちょうどフィギュアブームの時代でスポーン、スターウォーズ、スパイダーマンが
 めちゃくちゃ流行ったとき。引っ張っただけ売れた時代でしたからね。
 ほんとラッキーでした(笑)」。

当時はフィギュアと言えばブリスターパックで包装されていて、
開封しないでそのままの形で部屋に飾るのがオシャレ、とされていた時代。

まだ秋葉カルチャーが市民権を得る前だったので、
フィギュアのモデルになっていたのはアメコミやハリウッド映画のキャラクターがメインだった。

4大スポーツブーム古着ブームフィギュアブームの波を上手く乗りこなし、
独立後も上々な滑り出しを見せたかのように見える渡社長。

だが、独立までの道のりはなかなかに険しいものだった。


後編予告:独立前の苦労話&ファン殺到の足立グッズ誕生秘話を公開!
       
      
松山 貴之 [PROFILE]
   
   
   
posted by ジャンク派 at 15:07 | Comment(0) | 【足立社長列伝】

2011年11月14日

【足立社長列伝】 第6回 有限会社ライフスタイル 渡義浩社長 <後編>

足立社長列伝.JPG
► アーカイブ

  
  
▼ 自己資金2万円、奥さんとスタッフに支えられての独立

「そもそも僕は大仁田厚以下の資本で旗揚げしてるんですよ。彼は5万円で、僕は2万円。
 お金がないわけですよ、本気で。

 銀行に会社の通帳を作りに行ったら受付の方に『いくら最初入れますか?』って言われて、
 財布の中の全財産がそれだった訳です(笑)。もちろん貯金なんてありませんから。

 そこで、僕を信用してくれる同業の知り合いに
 『お願いだから、お客さんから回収した後にちゃんと支払いするから先に商品を置かせてください』
 と頭を下げてまわって。

 幸いなことに前職からのお客さんがいてくれたんで、
 手当たり次第になんでもかんでも『こんなのありますけど』って売り込みかけて。

 そうやって少しづつお金を貯めてアメリカ行って。
 フィギュアブームだったからいろいろとおいしいものが転がってるんです。
 それを100%償却して、半年後には前職と同じ給料が取れるようになったんです」。


pre5.JPG


「あと独立したての頃は家内が昼夜ダブルヘッダーで働いてくれました。
 これがなかったらウチは無理でしたね(苦笑)。
 ホントによく働いてサポートしてくれました、だから思い切って行けました。
 背中を押してくれた陰の功労者ですね。

 あとは、今もいる従業員の杉本もアホですね(笑)。
 最初の数カ月は2人揃ってアルバイト以下しか給料が出ない訳ですから(苦笑)。
 利益の40%を会社に残して残りの60%を2人で分けてました。
 これも彼が自宅から通っていたのに助けられましたね。
 ある意味3人の力が結集されてこの会社ができたようなものです」。


pre4.JPG


「あとは足立区の地代の安さですね。
 東京に出てきて最初は目黒の学芸大学にいたけど、あそこだったら無理。
 足立区でも環七と国道四号に挟まれたこの一角を転々としてるんです。

 当初、物件は竹の塚で探してましたけど、竹の塚は高いんですよね。
 25坪で70ウン万円という。

 CA4LA(カシラ)の社長と前の会社からお付き合いがあって、
 原宿の物件を紹介されたんですけどそこも高すぎて。まあ、裏原絶頂期の話ですね。

 そのときは駅周辺じゃないとダメだと思ってたから、北千住もまわったけど当然無理。
 もうダメかなと思ってたら、昔リサイクル屋だったここを見つけて。
 4号線からは1本外れてるけど、近くにマックがあって100円ショップもある。
 独立したばかりで仕事の少なかった知り合いの大工がいたから、
 悪いけど1ヶ月くらい身体開けてと言って全部任せて。
 中は広かったんで倉庫と店舗と半分で使ってます」。

と、無事ショップの開店にこぎ着けるわけだが、
輸入商社という仕事はなかなか不確定性が高いことも事実。

「並行輸入やってて毎年3、4回はラスベガスのギフトショーのようなイベントに参加して
 買い付けしてくるんですよ。独立して次の年かな、ラスベガスでなにも良いものがなくて売り物がない。
 秋冬どうしようかと本気でヤバくなって。この商売は良いものがなければ売れませんから。
 開き直ってラスベガスのプールサイドでぼけーっといろんなこと考えてようやく、
 『自分でプロデュースして動かすようにならないとダメだな』という結論になって」。

そこから「76」のナンバーで有名なアメリカのガソリンスタンド「ユノカル」をはじめとする
ライセンスグッズの製作にも進出するようになったという。

「当時大人気だったラルクアンエシエルのメンバーがギターにステッカーを貼ってくれたりして、
 ライセンス契約して商品出した途端にドカンと売れちゃって。今でも契約してるんですよ」。


shop6.JPG

polo1.JPG
本連載の第1回で紹介した株式会社マツブンの復興支援チャリティポロシャツも扱っている。


現在ライセンス契約をしているのはコカ・コーラと76ブランド。
過去にキャンベルスープ、ハワイのコナビール、ワゴンやキックボードで有名なラジオフライヤーなど、
アメリカを思わせる有名メーカーとも契約をしていた。

アイテムはキーホルダーや携帯ストラップなどの雑貨がメインである。
一時期は7ブランドほど契約していたが、ハンドリングに限界を感じ今は厳選した企業と契約をしている。

「コカ・コーラさんとは契約して10年経ちますが、その間ペプシは飲んでません。
 どこかでお天道様が見てるみたいな感じがして、陰でも飲めません(笑)。
 これは僕の家族にも徹底させてます」。


badge.JPG

fanta.JPG
コーラやファンタの片仮名オールドロゴが主張。オーバー30は感涙必至のグッズ。


▼ 良くも悪くも足立区はブランドになる
   
渡社長が独立したのが96年であり、Made In Summerの開店が2004年。
それ以来作り続けてきたのが足立区をテーマにしたオリジナルグッズである。

「開店当時から足立区グッズは作ってます。
 モチーフは日本風で、ハワイのローカルなお店をテーマにして。良くも悪くも足立区って有名でしょ。
 ちょっとやってみたらウケちゃったんですよ。足立区ウォーカーもアド街も来てくれて一気にドカンと。

 うちに出入りしてる佐川急便の人がサーファーなんですけど、
 その人のために足立波乗り隊≠ニいうモチーフでTシャツとかステッカーとか作ったら、
 それもすごいウケて。それ以来、毎日佐川さんの誰かが買いに来てくれて。
 僕もサーフィンやってるんで、じゃあ1度みんなでセッションしようということになって。
 それでみんなで千葉の一宮にいっしょに行ったり。エライ楽しかったですね。
 そこから本格的にサーフィンに再びハマってしまって」。


t2.JPG

t3.JPG

t4.JPG

t1.JPG
おしゃれ上級者向けの「アイラブあだち」Tシャツ。


商品を売るだけのショップではなく、そこに集まる人々の交流を活性化させるショップ。
今の東京に必要なのはこういったコミュニティとしてのスペースだろう。

渡社長の耳には「足立区Tシャツを家族4人でアリオで着てる人を見ました!」
といった情報が入ってくることもあるという。

「3月の震災以降、ショップの売り上げは厳しいですが、
 開店以降オリジナル以外の衣料は置かないとかルールは決めてますね。

 あくまでも夏がテーマ。サーフショップとか言われますが、客層が限定されないようあくまで夏。

 僕が言うのもなんですが、サーファーって独特の人種なんです。
 そういうところで囲いを作らずによりたくさんの人に来てもらえるようなショップを意識してます」。

オリジナルウェアのプライスはどれも抑えめで、Tシャツなら1500円〜1900円という価格帯。

「消耗品じゃないですかTシャツって。自分が消費者の時は2900円がギリギリ。
 業界入って本気でTシャツやったら、大人の事情で値段が上がってるだけなんだなと知って。
 だったらなるべく買いやすい値で。

 アメリカのごわごわしたコットンが好きだから、ボディにはアンビルとかギルダンの
 オンスの重いやつを使って。

 お客さんにも『おたくのTシャツは作りが良いから持つんだよね』とか言われて、
 なかなか買い換えてもらえないんですが(笑)」。

アンビル、ギルダンとはアメリカのブランドである。
日本ではヘインズのTシャツが一番有名と思われるが、そのヘインズと並ぶTシャツの主力ブランドだ。
この辺のボディのセレクトについてもアメリカ文化を愛する渡社長ならではのこだわりが伺える。


stc1.JPG

stc2.JPG

post1.JPG

nob1.JPG
渡社長のご長男をモデルにしたオリジナルキャラノビー=B


保木間地区、いや足立区でも有数の名物ショップとなったMade In Summer
この先の展望を聞いてみた。

「店としてはタダでさえ人が少ない車通りですから、一見さんにもまた来てもらえるようにしないと。
 そう考えるとお客さんが入ってきてそのときの財布の中のお金で買える感覚。

 一時期ハワイに店を出したかったんですよ。波乗りやりながら余生を過ごそうかなと。
 でも、店やってる人の悩みは人材なんですよ。いくら口で説明しても人に任せると脱線してしまう。
 だから自分の目の届く範囲でやっていきたいなと。

 もし次やるなら夏のやりたいことはやってるから、
 足立屋本舗≠ンたいな和をテーマにした足立ブランドだけでやろうかなと。
 それこそ、お茶屋みたいな内装で」。


ipad.JPG
なんとiPadとiPhoneも取り扱っている、というのはウソでこちらはマウスパッド。

pre3.JPG
足立ステッカーをバックに1枚。


有限会社ライフスタイル
東京都足立区保木間3-32-13
http://www.lifestyle-mis.com/
   
   
   
松山 貴之 [PROFILE]
   
   
   
posted by ジャンク派 at 21:32 | Comment(0) | 【足立社長列伝】