2011年09月12日

【足立社長列伝】 第2回 株式会安心堂 丸山寛治社長 <前編>

足立社長列伝.JPG
► アーカイブ

  
  
▼ そもそもパッド印刷とはなにか

「あなたたちはパッド印刷という言葉を知ってましたか?」

開口一番、丸山社長はそう訪ねた。

「いえ、不勉強にして知りませんでした」。

「不勉強と言うことはないんです。
 なぜならパッド印刷という言葉がまだ一般に認知されてないんですから」。



pre2.JPG
証券会社からものづくりの世界に転身した丸山社長。

cer.JPG
事務所の壁に飾られた賞状の数々。中には東久邇宮記念会から授与されたものも。


パッド印刷を簡単に説明するなら、
印刷する部分がへこんだ凹版という版にインクを流し込み、
その版にシリコンゴム製のパッドを押し当てインクを吸着させて印刷する技術である。

インクを吸ったパッドは弾力性のあるやわらかい素材なので、
それを押し当てれば曲面だろうとデコボコした面だろうと印刷ができるのだ。


reef.JPG
パッド印刷なら植物にも難なく印刷できる。


“パッド印刷の伝道師”を自称して
日々パッド印刷の認知拡大に努める株式会社安心堂の丸山社長の口から
業界の現状についての説明が矢継ぎ早に飛び出す。

「パッド印刷業界は昔から少量のニーズしかないんです。
 大手企業の量産向け印刷機だと1万のロットでも50のロットでも初期投資費用が同じで、
 効率が悪くて仕事にならない。
 今までは少量印刷のニーズがあってもほとんどのところが断ってきたはず。
 業界がそのマーケットを放棄してたんです。
 『100個だけ印刷して欲しい』といった仕事は無尽蔵にあるけど、
 多くの企業が対応してない。だから私はそこに目を付けました」。


大学卒業後に10年間証券会社に勤務していた丸山社長が
マルミ産業として独立したのは昭和49年。
高度成長期を経て大量生産大量消費の時代である。

大企業が目を向けていなかった少数ロットのニーズに目を付けた事業は開始早々成功を収める。

「34歳で開業したんだけど、そのころはなんて儲かるんだろうと思うくらい業績がよくてね。
 そしたらオイルショックですよ。仕事がパッと止まって。
 これはダメだなと思って大手の下請けをやめました。
 パッド印刷のマーケットを広げるにはうちだけやってたらダメ。

 私が“パッド印刷の伝道師”を名乗っているのは、
 パッド印刷の技術を人に伝えることでこの業界を大きくしていくことが目的なんです。
 そうやって少しずつ普及していくと、やがてうちにも大きな仕事がまわってくる。
 種まきをしていかないとね。
 今は大手なんてどこも海外に生産拠点を移してる。
 でも幸せなことに生産や開発技術の部隊は国内にけっこう残ってるんです。
 そういった所が印刷の試作としてうちの“なんでもくん”を買ってくれるんです。
 他の印刷会社の何百万もする機械を買いたくないでしょうから」。


と、さらりと語ってくれたが、

個人が身を挺して企業の歯車になることが美徳とされた昭和まっただ中の時代において、
大企業が切り捨てていた少量ロットのニーズに目を付けたこと、

独立後も自分だけよければいいという考えは一切持たず
マーケットの拡大というロングスパンな視点で事業を行ってきたこと。

この2点だけでも丸山社長の経営者としてのセンスがうかがい知れる。


nandemo1.JPG
中央に見える顕微鏡のようなフォルムの機械が“なんでもくん”。
その名のとおり、なんにでも印刷できることが最大の売り。
本体価格98000円(税込み価格102900円)はパッド印刷機としては最低価格。



▼ 世界的企業も飛びつく驚異の低価格パッド印刷機“なんでもくん”

安心堂が本社を構える江北3丁目は
舎人ライナーが開通しなければまさに“陸の孤島”という呼び名がふさわしい地域である。

筆者の実家はここから徒歩10分ほどの場所だが、
実家住まいの当時は安心堂の存在は知らなかった。

しかし、安心堂には日々地元のお客さんから、
ソニー、サムスン、パナソニックなど世界的企業の技術開発者が足を運んでくる。

「以前、日本最大の自動車メーカーの研究室が“なんでもくん”を買いに来ましてね。
 いろんな素材にパターンを印刷して温度や圧力かけてどう変形するのか検査したいとのことで。
 他の印刷メーカーに話を持って行ったら1000万を提示されたそうですが、うちなら98000円」。


“なんでもくん”の本体価格にスターターキットを含めると20数万円になるとのことだが、
それでも破格のプライスである。
日本最大の自動車メーカーといえども喉から手が出るほど欲しいはず。

「ところが向こうは値切ってきたんですよ。
 なんでもその会社は必ず値引きして買うのが社是になってるみたいで。
 でもうちはどこも値引きしないし、そこだけやるのは他に失礼なんで断っちゃいました。
 そしたら先方が折れまして」。


足立区の企業が世界のTO……ではなく、日本最大の自動車メーカーに勝利した瞬間。
こちらまで誇らしい気分になってくるのは小市民の性か。


▼ パッド印刷の手順

では、具体的にパッド印刷の手順を見てみたい。


ansindou1.JPG

1. まず、インクジェット用フィルムに印刷したい文字、図版をプリントする。
文字がいびつなのはマウスを使ってイラストレーター上で書いたため。


ansindou2.JPG
   
ansindou3.JPG
   
ansindou4.JPG

2. 文字、図版をプリントしたフィルムをパッド印刷用の版80円(税込み価格84円)に重ねて
ライトボックスにセットして紫外線を当てる。

こうすることで黒の文字以外の部分が固まる。

このライトボックスは38000円(税込み価格39900円)で販売中。
通常の100万オーバーの製版機を用いることなく版の作成が可能。


ansindou5.JPG

3. 固まった版を水に漬ける。
光で固まっていない黒の文字部分は水溶性なので溶け落ちる。
   
    
ansindou6.JPG
   
ansindou7.JPG

4. 再度ライトボックスに入れて負い焼きをすることでしっかりと固める。
   
   
ansindou8.JPG

5. こちらが完成した版。文字部分がへこんでいるので凹版と呼ぶ。
  
  
ansindou9.JPG

6. 凹版を“なんでもくん”にセットしてインクを塗ると、へこんだ文字の箇所にインクが入り込む。


ansindou10.JPG

7. 凹版にシリコンゴム製のパッドを当ててインクを吸着させる。


ansindou11.JPG
   
ansindou12.JPG

ansindou13.JPG

8. パッドを印刷したい箇所に押し当てる。
“どこでもくん”を使えば垂直の面にも印刷可能。
その下には気になるニコニコ動画のロゴも。なんでも過去に仕事の依頼で来たとか。


後編予告:これからの時代に確実に成長する市場を丸山社長が語る!
   
   
   
松山 貴之 [PROFILE]
   
   
【足立社長列伝】の最新記事
posted by ジャンク派 at 15:13 | Comment(2) | 【足立社長列伝】
この記事へのコメント
素晴らしいアイデア
Posted by delo at 2011年09月12日 16:23
  
>deloさん
コメントありがとうございます。
ほんとうですね。
日本のものづくりを支えるこのような素晴らしいアイデアの数々…
なんだか誇らしい気持ちになります!
   
Posted by ジャンク派 at 2011年09月13日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: