2011年10月03日

【足立社長列伝】 第3回 株式会社横引シャッター 市川文胤社長 <後編>

足立社長列伝.JPG
► アーカイブ

  
  
▼ 昭和61年から緑化事業に着手

市川社長は横引シャッター以外にも数々の会社を立ち上げ緑化事業や農園経営を行っている。

今でこそ都市における緑の重要性というものが理解されてはいるが、
社長が株式会社サンオウを立ち上げて緑化事業に乗り出したのはなんと昭和61年のことである。
当時は誰にも緑化事業という概念が理解されなくて、社長の道楽と揶揄されたこともあるとか。

「緑化に目を付けたのは車庫を建てたのがきっかけ。
 今まで庭があったところにコンクリを打って車庫を建てると緑がなくなっちゃうでしょ。
 元々そこにあった木を屋根に植えてあげたり、芝生を植えたりすると土地を有効活用できるし、
 お客さんも喜ぶでしょ。それと、芝は車庫の熱対策にもなる。

 これらは特に金儲けしようとかじゃなくて、どうやったらお客さんのためになるかを考えた結果。
 また別のお客さんには、屋根の上にじゃがいも畑、サツマイモ畑の家庭菜園を作ってあげたり」。



また、サンオウのもう1つの主力事業が壁面緑化である。

通常の壁面緑化だと建物の壁一面を緑化するのに2年も3年もかかってしまうが、
そこはアイデアマンの市川社長。
画期的なシステムを開発して、従来よりも短期間の
1年で15m(3階まで)の壁面を緑化することができた。

その技術は足立区からも厚い信頼を受け、足立区本庁舎正面の緑化を4年前から手がけたり、
小中学校の1階から3階までの緑化の実績がある。

緑化設置後3年以内に枯れてしまったら無料で植え替えを行うという保証も
市川社長ならではと言える。

横引シャッター 市川社長


▼ 高齢者の働ける場としての農業に目を向ける

社長のあふれるセンスはまだまだ尽きることがない。
“エジソン能化21”なるパッと見不思議な感じのネーミングの企業を
平成20年に設立して本格的に農業にも進出している。

「エジソンってやっぱり発明王のイメージでしょ。
 既成概念にとらわれずに瓦屋根の上に花畑作ろうと思ってるの。
 以前本社だった所が今年火事になっちゃって今はプレハブ置いてるんだけど、
 そこの屋根に幸運の四つ葉のクローバーの種を巻いて花畑にしようと。
 
 私も高齢者の仲間入りしちゃったけど、
 東京近郊でやってる畑では60過ぎてる人がたくさん働いてるんだよ。
 元々シャッター作っていた人が定年になっても畑を耕したり、野菜を作ったり、
 緑化の苗木を植えたりできるということで、意欲のある人にはどんどん働いてもらってるの」。


自社の農園では米、キャベツ、キュウリ、トマト、空豆など
年間に50品目を超える作物を作っている。

これらの作物を直接消費者に届ける“うちのいなか”というネーミングで直接販売方式を確立し、
色や形が悪くて店頭に出せないような野菜でも無駄なく食べられるシステムを生み出した。

「今は大豆を植えてるの。
 綾瀬の豆腐屋さんで、高齢になって商売を続けられなくなったお店があったから、
 機械を一式譲り受けて技術指導してもらい豆腐を作り始めたの。
 大豆が採れたら美味しい豆腐やおから、豆乳、揚げたての油揚げ、がんもどきなんかを作ろうと。

 おからだって豆腐のカスから作るんじゃなくて、おからを美味しく食べるためのおからを作る。
 一番美味しい所を食べられるようにね」。


作物だけではなく地域の機械も有効活用するという無駄のなさ。
聞けばまだ他にも同様のメソッドで手に入れた焼きたてのパンや
美味しい餃子を作る機械も持っているとのこと。

「うちの社員がそれらの機械でパンや餃子を作りたいんだったら任せてみるつもり。
 素人でいいし儲からなくていいの、何十年も働いてきた機械が可愛そうだからやる。
 そうすれば社員だって定年で辞めなくても、働きたければその間会社にいられる。

 うちの最年長社員は83歳で、落ち葉を集めて緑化の肥料としての腐葉土を作ってもらってるの。
 裏の公園の落ち葉を機械に通して、ぬかとか鶏糞とかその他を混ぜて土作りをしてるんだよ。
 軽くて栄養分いっぱいだから、それを農業でも使って」。


その他、現在では500坪ほどの果樹園も経営して柿やブルーベリー、梅や杏を栽培しているとか。
また、竹林も所持しているから特製の竹の子ご飯を社員に振る舞うなど、
本格的に飲食業に進出できそうな勢いである。


▼ 趣味の一つである、創作漢字にチャレンジ

横引シャッター本社には隣接した食堂がある。
福利厚生の一環として、ここでは自社の農園で採れた新鮮な作物を使って、
社員に喜んで食べてもらうために営んでいるという。

外部の人間も利用可能なので、お昼にはいつも行列ができている。

カレーは400円というリーズナブルプライスで、
社長いわく「大盛りなんか頼んだら食べきれないほど」とのこと。

そして気になるのがこちらの店名。
「海」と「兜」を組み合わせたオリジナルの文字を使っていて読むことができない。

えびや看板
こちらが気になる食堂の看板。これで“えびや”と読む。

ここまで読んでいただいた読者なら察しが付くと思うが、
この漢字も市川社長の考案によるものである。

「海の年寄りと書いて海老なんだよね。
 でも、エビは生まれたときから鎧兜着てるから海の兜と書いてエビと読んだ方が
 しっくりくると思うんだよね」。


市川社長のオリジナル漢字はまだまだ続く。

創作漢字 えびや
新作の創作文字“えびや”。
えびは海だけでなく川にもいると気付き、兜の下を川に変えた文字を作った。
市川社長の進化は留まるところを知らない。



創作漢字 おいしい

創作漢字 いける

「舌が旨いと感じて“いける”と読む。
 美味しいものを食べた時は“こりゃいけるね”と言うじゃない、これにあてはめる漢字がない。
 旨いとは舌がまず感じるのだからこの漢字を創ったの。
 また、心がこもった味で“うまい”と読む。2つ合わせて“おいしい”。
 “美味”では心を感じないし味気ないでしょ。作る人の魂がないとね。
 漢字だって同じものを何十年も使ってるのは時代遅れ。
 おかしいと感じたらどんどん開発したっていいじゃない」。



創作漢字 カレー

「食べ物は遊び道具ではない。昨今の流行なのか、やたらに激辛とかは良くない風潮。
 食事を粗末にしてはいけない。食事にも礼儀がある。
 だから、礼儀の“礼”の間に”辛”と書いて“カレー”と読む。
 同じく間に“米”を入れてライス。2つ合わせて“カレーライス”という漢字に成る訳。

 漢字って誰かが決めたから変えちゃいけないと思われてるけどさ、
 新しい文字でも一般的に使われるようになると常用漢字になるんだって知ってる?」。



isshou.JPG

「これで“いっしょう”“じんせい”と読む。
 生まれて死ぬまでが、一生・人生という。
 生きると死ぬの差は紙一重。この一本が生死をわけてるんだよね。

 近年自殺者が急増しているが、この文字を見せて死ぬまで精一杯生きろと励ましたい。
 この文字は50年後に絶対常用漢字になるよ」
と社長は力説する。

屋上緑化や40年続いている年末の餅つき大会も社員の反対を押し切って継続してきた。

この創作漢字も当初はまわりの理解を得られなかったが、
漢字は道理だという思いを貫いて今まできている。

成功への近道は信念だと市川社長は語る。
実は最近の豆腐開発も2人の息子にはあまり理解されてないとか。

「最近では定職に就けない若者や結婚しない若者、
 引きこもり、イジメなどが社会問題になってるけど、
 将来に夢・希望が持てない若者は一度私に会いに来れば人生観が変わると思うよ。
 
 私も小学生の頃から登校拒否をしていて、
 字が読めない字が書けないでやってきた落ちこぼれだった」
と社長は語る。

「そんな人間が社長になれて、約100人もの社員に支えられて生きている。
 この創作漢字の意味を理解してもらうことで、
 若い人たちにはこれからの人生をチャレンジャーとして生きて欲しい」。


さらに、
「働くところがなかったり、天職が見つからないという人は是非私に会いに来るといい。
 就職できるよ」
と嬉しい言葉をいただいた。

社長の創作漢字にかける思いは並々ならぬものがある。
新しい漢字を作るなんてことは誰もが無理だと思ってしまうが、

そんな現実についても
「我々が変えられないと思ってる常識こそが、古い考え方だと思う。
 我社の禁言として『ダメ』『しょうがない』『出来ない』『無理ですよ』『解らない』がある。
 この言葉には発展性がないので、使わないようにしてチャレンジすることが原点。
 だから私は50年後にはこれが常用漢字なると信じてるわけ」
と言い切る。


縁恩運
この文字は“えん・おん・うん・であいに・かんしゃ”と読み、市川社長座右の銘である。

「日本一になるためにずっと仕事をしてきました。
 日本一と言っても成功だけじゃなく、失敗も日本一。
 また、貧乏の日本一も経験した。

 常識を打ち破って、創造することも日本一を目指してます。
 これまでやってこられたのは全て、縁恩運との出会いのお陰だと思って感謝してます。
 人との出会いはもちろん、モノとの出会いや、知識との出会い、
 失敗したことだって出会いだと思う。
 その失敗から、様々なことを気付かせてもらえた。
 これからも色々な出会いを力に変えて日本一を目指したいです」。


そして最後に、
「この記事を見ているキミとの出会いに感謝だね」と語ってくれた。


株式会社横引シャッター
東京都足立区綾瀬6-38-7
http://www.yokobiki-shutter.co.jp/
   
   
   
松山 貴之 [PROFILE]
   
   
【足立社長列伝】の最新記事
posted by ジャンク派 at 12:09 | Comment(1) | 【足立社長列伝】
この記事へのコメント
オメガ デビル
Posted by トリーバーチ パンプス at 2013年08月03日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: