2012年01月09日

【足立社長列伝】 第10回 株式会社ユニーク 畝邦弘会長 <前編>

足立社長列伝.JPG
► アーカイブ
 
  
    
▼ ヤスリをはじめとする製品企画に特化した少人数体制

ヤスリの専門サイト、その名も「ヤスリ.jp」という
一度聞いたら忘れられないネーミングのサイトを運営する株式会社ユニーク

「うちに来たらダイヤのヤスリをあげるよ」
という畝邦弘(うね くにひろ)会長の言葉に誘われて早速取材に伺った。

「一般の人にもっとヤスリを使ってもらうのが我々の狙いなんだけど、
 ヤスリ.jpを立ち上げても注文の多くは専門家からだからね。
 そこで、素人が使えるようなヤスリを作ろうと思って。
 作ったのはシャープナーと言って、ダイヤモンドの粒子を使ったもの。
 これはOEMで他所に供給してるの。ナイフとか包丁とか爪とか、何でも削れちゃう。
 ダイヤの粒子だからこれで削れないモノはない」。


ユニークpre1.JPG
手近にあったヤスリを持って少し馴れないポーズの畝会長。

ダイヤモンドのヤスリとは非常にロマンのある響きである。

畝会長はヤスリ職人だった父親の後を継いでこの世界に入り、
若い頃はヤスリの企画営業として全国を駆け回ったという。

コンビニ弁当に入っているしょう油袋などで見られるマジックカット。
あのマジックカット用のフィルムにはあらかじめ小さい傷が入っているのだが、
その傷を付けるためのヤスリも製作した実績を持っている。


knife.JPG
これが我々がいただいたダイヤモンドの粒子を使ったヤスリ。決してバターナイフではない。
畝会長、こんなたいそうなものをいただきありがとうございました。



magic.JPG
マジックカットの切り込みを入れるためのヤスリ。日々、お世話になってます。


株式会社ユニークは畝会長の息子である畝還司(うね かんじ)社長とともに2000年1月に設立した。

そのユニークが運営するヤスリ.jpにはこのダイヤのヤスリ以外にも、
海外メーカーの製品をはじめとしたさまざまな種類のヤスリが紹介されている。

「まあでも、売れなきゃしょうがないんだよね。
 私も今はヤスリの製造メーカーじゃない。
 知恵を絞って今まで企画開発でやってきたことを活かして、
 金型を作って工場に委託して作ってもらう。
 私がこういうものを作ってほしいと言って、アイデアを出して
 金型の設計やデザインを作ってもらう。
 だからこれだけの少人数でできるんだよね。うちの会社は息子も入れて4名だよ」。

製品のアイデアを出して、製作は外部にアウトソーシングする。
つまり、ユニークはヤスリのディレクションに特化した企業である。

そして、ヤスリ作りのノウハウを活かして生まれた新商品が、
身体のツボを効果的に刺激できる器具、その名も「ツボ押し健康Eリング」である。

ring1.JPG

ring2.JPG
現物がなかったのでチラシを紹介。裏面によると畝会長は環境と福祉に興味があるらしい(ここ重要)。

「これを手に持ってツボを刺激するの。まだ売ってはいないけど開発してるわけ。
 これはまさしく家庭に向けて作ったもの。これからはヤスリだけじゃダメだと。
 ヤスリはもう晩の商売だからね。斜陽業界。だからこの健康リングを開発したわけ。
 もう一個は太陽光をやってみようとね」。

父親の代からヤスリ職人と聞いて
職人気質なヤスリ一筋の人生なのかと思い込んでいた身としては、
まさに衝撃的な一言がインタビュー早々に放たれた。

畝会長によれば現在、国内の大手ヤスリメーカーは5社ほどだという。
ヤスリだけに固執していてはダメになると、畝会長は太陽光に目を付けた。
そして、すでにユニーク本社の屋根には24枚の太陽光パネルが設置済みとのことであった。


▼ ヤスリ一筋からの転身

「みんなで話し合っていかにして太陽光を使った隙間産業を生み出すか。
 太陽光とLEDとか、太陽光で飯を炊いてみるとか。
 太陽光パネルもいろいろ出てるからニッチな産業ができないか。
 斜陽産業でもいいんですよ。それを何と結びつけるかが大切。
 実験装置としてね、今24枚のパネルをこの建物の屋根に置いてるの。
 何kw発電して、何kw使ってるのかリアルタイムでモニターで見られる。
 電気を消せばダイレクトに反映されるから、電化製品がどれだけ電気を使ってるかがわかる」。


ユニーク1.JPG
太陽光発電による発電量と消費電力がわかるパネル。

panel.JPG
ユニーク本社の屋上。わかりづらいのは承知の上で撮影しました。


「若い人が一緒に参加してやっていったらどうかなと思うんだよね。我々はもう年だから。
 うちの親父が亡くなった年齢まで、俺はあと4年。その間に何ができるか。
 生きても楽しみがないなら死んだ方がマシなんだよ。
 生きて自分の楽しみを探すんならいいけどね。

 私もピースボートに2回乗って、92ヶ国くらいまわりましたけどね。
 800人〜1000人くらい乗ってる船で数ヶ月間。
 そのうち外国人が200〜300人くらいかな。
 若い人の割合が40%くらいだから非常に活力があるんですよ。
 船内新聞が毎日発行されたり。夜遅くまで印刷して大変。
 船を下りたら貧しい国を回って学校訪問したり。まあ、要するに海外との交流ですよ」。

突如飛び出したピースボートにまつわるエピソード。
若者が乗り込むイメージの強いピースボートだが、畝会長が乗船したのは60を過ぎてから。
そして、驚くことに今年の年末には3度目の乗船を予定している。

「初めて乗ったのは今から5、6年前で、その次が今から1年くらい前かな。
 今年の末にもう一度乗ろうかなと。
 船の中は英会話の先生だけで30人くらいいるけど、スペイン語になると2〜3人くらい。
 乗船者の9割が日本人。そのうち女性が6割くらいかな。
 20代が40%くらいで、30〜50代はほとんどいない。あとは60〜70代がメイン。

 この前もアンケートでやってたけど、日本では海外に出たい若者の割合が2%しかない。
 それが韓国になるとみんな出て行く。
 日本人は海外で何かをやって錦を飾りたいという思いだけど、
 韓国人はそこに骨を埋める覚悟でいるから。性根が違うんだろうね」。

世界を見てきた経験から、日本の若者への苦言が飛び出す。

日本人と韓国人の意識の差。
それは、日本で活躍するK-POPアイドルの大半が日本語を話せるという事実にも
端的に表れているように思える。

そんな理由から畝会長は現在、英会話の教育にも関心があるという。
近所に住むNY出身のロバートさんとあれこれミーティングを重ね、
近いうちに舎人地区で英会話学校を開設予定である。


ユニーク2.JPG
ニコルソン、フェロー、パスカル、ミッチェル。海外のヤスリメーカーは名前もかっこいい。


後編予告:福祉施設の構想から自作曲の披露まで、ついに畝会長の本領発揮!      
      
    
松山 貴之 [PROFILE]
   
   
   
【足立社長列伝】の最新記事
posted by ジャンク派 at 19:44 | Comment(1) | 【足立社長列伝】
この記事へのコメント
通販 ファッション
Posted by クリスチャンルブタン 日本 at 2013年07月15日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: