2012年02月06日

【足立社長列伝】 第12回 有限会社プリント・アート 島崎勝信社長 <前編>

足立社長列伝.JPG
► アーカイブ
 


▼ 世界最大の万華鏡を作る竹の塚のアート工房

有限会社プリント・アートという屋号ではあるものの、
そこはまさに島崎勝信社長の工房、島崎工房≠ニでも呼ぶのがふさわしい空間であった。

printpre1.JPG

「もとはグラフィックデザイナーだったんだけど、
 グラフィックデザインってポスターもカタログも紙の上に表現するものだから、
 いずれみんな捨てられちゃう。
 どんなにいい作品を作ろうとゴミ箱に捨てられちゃうわけさ。
 自分の作品が捨てられることの空しさをある日感じてね。
 同じアイデアを考えてモノを作るなら、立体にすればいいんだなと」。

竹の塚にあるオフィスには島崎社長のこれまでの作品が至る所に飾られ、
ギャラリー、アトリエとしての機能も有している。

我々が通されたスペースにも鮮やかな色彩の山の絵が飾られていたが、
椅子に座った状態で見るとまるで3D絵画のように飛び出して見える精緻なイラストだった。

mountain1.JPG
写真だと伝わりにくいが、裸眼でも立体に見える八ヶ岳のイラスト。

「昔は博物館とかの仕事が多くてね。
 上にあるのは八ヶ岳の麓に博物館ができたとき、
 いい写真がなかったから油絵で描いてほしいと頼まれて。
 実際にはあれを5mに延ばして展示してたの。3Dに見える? 
 それは俺のテクニックだな(笑)」。

というわけで、取材開始早々、このオフィス内にある作品をひととおり見せてもらうことに。

paper1.JPG

「ここにあるペーパークラフトはお年寄りにやってもらいたいの。一枚の紙なんだ全部。
 切り終わった後に折ったり曲げたりして、ノリを使わずにできる。
 それを孫にあげれば『おじいちゃんおばあちゃんスゴイ!』ってなるじゃん。
 脳の運動にもなるし」。

paper2.JPG

paper3.JPG

「あのオートバイは全部段ボールだから。
 段ボールだからこそ使い込んだシートの味が出たんだよ。
 後ろにある車は革製でちゃんと動くよ。
 うちは企業訪問とかで小学生が来るんだよ。去年も30人以上親子で来て。
 『これは段ボールでできてるんだよ。段ボールはそこら辺にあったら捨てられちゃうけど、
 形になったら魂が生まれて誰も捨てられない。形になっただけで命が生まれる。
 だから、お母さんは子供がなんか作るからお金ちょうだいって言われたら
 そこにある段ボールあげてください(笑)』って。
 これを見た子どもは『俺もなんかできるかも』って思うわけさ」。

プリント・アートのWebサイトには「万華鏡」「偏光板アート」というキーワードが並んでいる。

このオフィスには世界最大の万華鏡が置いてあり、
公共の場でのイベントなどには無料で貸し出している。(運搬費は別途)

mirror1.JPG

mirror2.JPG

「万華鏡を見て『ほ〜』って言ってるときに脳が活性化してるの。
 感動とは心が動くこと。心が動くということは脳が動くわけ。
 病院の待合室に置くとお年寄りが見てくれて、それで脳が活性化されるんだよ。
 普通の万華鏡も脳にいいけど、片目で見るのは疲れるでしょ。それにお年寄りはウインクできないし。
 だから俺は両目で見れる万華鏡を作ってるのさ」。

mirror4.JPG

mirror5.JPG
万華鏡を覗くとこんな感じ。この光景が眼前めいっぱいに広がる。

なるほど、確かに。
万華鏡はウインクをしてのぞき込む必要があるが、
このサイズなら両目でしかも誰でも見ることができる。
「世界最大の万華鏡」という文字の下に書かれた「HEALING SCOPE」の表記も説得力が増す。

そして、島崎社長の生み出した万華鏡はこれだけではない。

mirror3.JPG
瓶の中身に好きなものを入れて万華鏡の前に設置すれば、毎回違った景色が楽しめる。

「これは自分で中身を取り替えられる万華鏡。横のつまみを回すと動くから。
 瓶の中身は折り紙でもなんでもいいの。
 お年寄りが自分で好きなものを入れて楽しめるから、老人ホームとかに普及させたいね。
 万華鏡が脳に良いということは東京電機大学といろいろ研究して、その効果が実証されてるから」。

mirror6.JPG

mirror7.JPG
なんとこれも折りたたみ式の万華鏡。その名も携帯万華鏡エスカルゴ。

「折りたたみ式の万華鏡は、ケータイを出してカメラモードにしてレンズの真ん中にあてがうだけ。
 こうすると見るもの全部が万華鏡になっちゃう。気に入ったらそこでシャッターを切ればいい。
 使わないときは折り畳みに。これは1000円で一般販売もしてる。
 2月の11・12日には北千住のザ・プライスの店頭で売る予定だから 」。

※ 2月の11・12日には足立ブランド認定企業のさまざまな製品が、ザ・プライス北千住店の店頭で大々的に販売される。


そして、プリント・アートもう一つの主力作品が偏光板アートである。

mirror8.JPG

mirror9.JPG

viewer1.JPG
これらの作品を偏光板を使ったビューワーを通して見ることで、飛び出したり、違う色になる。
詳しくはこちらの動画を参照


「裸眼では色がないのに偏光板を通すと色が出るってことは、
 大気の中にそれだけの色があるということ。
 光の三原色は赤青緑で、それを合わせると白になる。
 だから我々は透明の中にいるのさいつも。
 偏光板の屈折を利用して、いろんな色を波長ごとに分けると裸眼とは違った見え方になる。
 だから、博物館ではこのビューワーで見てる子だけが楽しんでるの。
 それを見るとまわりの子もみんな興味を持ってよってくるの。
 これは発明展で東京都知事賞をもらってるから。静岡大学といっしょに研究もしてる」。

mirror10.JPG

mirror11.JPG
壁掛けの万華鏡も。

「万華鏡を見たときに人間の脳がどう変化するのかを東京電機大学といっしょに研究した結果、
 脳に非常にいいことがわかったの。
 緊張感をやわらげて不安を癒す心理的効果があって、
 女性はうつが改善したりすることがわかりましたよ、と。
 偏光板はうちのHPを見て静岡大学から連絡が来たんだよね。
 『大気が汚染されたらあんなにキレイな色は出なくなっちゃうよ。だから自然環境を守ろうね』
 というのが静岡大学の教え。
 うちはプリント・アートとして後援してるんだけど」。

Webを通して数多くの情報を入手でき、疑似体験もできる昨今。
この万華鏡や偏光板アートのように、目の前に来なければ体験できないアートこそ
貴重と言えるのではないか。

そしてこの研究結果を実証するようなエピソードを島崎社長は話してくれた。

「ある施設で、この万華鏡をずっと見てる車イスの子がいたんだけど、
 その子が万華鏡を見終わったときに母親の顔を見てニコって笑ったの。
 そしたらお母さんが『この子が笑うことなんてないのに!』ってすごく喜んでくれて。
 そのときはみんな万華鏡を見るために行列してたんだけど、
 そのしばらく後に見たらまたその子が列に並んでて、嬉しかったねあのときは」。


▼ 他人とは自分が持っていないものを持っている人

島崎社長は趣味でブリキ製のSLのおもちゃを集めていて、
その膨大な数のコレクションがオフィス内に展示されている。

SL1.JPG

「俺は機関車をこれだけ集めてるけど、
 もし機関車のおもちゃをデザインしてと言われたら10個も考えたら詰まっちゃうと思う。
 人間そんなもの。

 このコレクションの中には素材を見ても木、ガラス、ブリキ、プラスチックがあったり、
 機関車がボールペンになったり、笛になったり、シャボン玉が出たり、虫かごとになってたり、
 俺はこんなにいろんなことはできない。

 みんなそれぞれ視点が違うんだな。
 それで他人とは俺にないものを持っている人≠ネんだなと気がついたの」。

SL2.JPG

「一番大事なのは他人とはなんなのかってこと。
 他人とは自分にないものを持っている人。
 他人は関係ない人と思ってしまった瞬間に、その人から得るものはなにもなくなってしまうの。
 俺にないものを持ってる人って思うと、他人に興味が出てくる」。

SL3.JPG
相当古い時代に作られたと思われるモデル。子どもの顔がレトロを通り越して怖い。

「古いものはタイヤまでブリキ製。その後だんだんタイヤはゴムになってくる。
 全部ブリキってのは相当古いね」。

SL4.JPG

SL5.JPG

島崎社長はSL好きが高じてか、このオフィスの呼び鈴もSLの汽笛の音にカスタマイズしている。
我々が訪れた際も当然呼び鈴を押したがそんな音は聞こえなかった旨を話すと、

「それは聞こえなかったんじゃなくて、
 人間は呼び鈴を押すとピンポーン≠チて鳴るもんだと思ってるから。
 人間の耳って不思議なもんでさ。
 この前もTVで見たけど、ノンアルコールの酒を普通のアルコールと説明して飲ませると、
 みんな酔ってきて種明かしするとビックリする」。

と、実に納得のいく説明が返ってきた。

「人間って繰り返されるモノをじっと見てると心が癒されるんだよね。
 パチンコにはまる人は、あのボールの速度が一定だから
 それが心地良くなってきて負けても辞められない。借金してもパチンコ行く。
 リズム的なモノを感じちゃうと気持ちよくなっちゃう。
 万華鏡は同じ形がでてこないからね。常に違うものが出て脳に刺激を与える」。


後編予告:キャリア48年! デザイナー黎明期から活動する島崎社長の半生に迫る!

   
    
松山 貴之 [PROFILE]
   
   
   
【足立社長列伝】の最新記事
posted by ジャンク派 at 16:25 | Comment(0) | 【足立社長列伝】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: